トップ / ネット依存の弊害に関して

ネット依存の弊害に関して

ネット依存の弊害

インターネット依存の怖さ

インターネットは、わからないことを調べたり、ショッピングを楽しんだり、大勢の方と交流ができるなど、とにかく幅広い楽しみ方ができるのが大きな魅力ですが、何でも度が過ぎてしまうのはよくありません。例えば、インターネットに依存し過ぎることで、リアルの世界での付き合いが疎かになったり、寝不足などで生活や仕事に支障をきたすことがあります。また、大変恐ろしいことに、オンラインゲームに夢中になり過ぎるがあまり、それが体への負担となって死亡するという事故もよく起きています。便利な物も、使い方次第では問題が出てくるという危機意識を忘れないことが大切と言えます。

インターネット,イラスト

ネットの依存症の症状

インターネットに触れる時間が非常に長く、それを取り上げられると、たちまち禁断症状に陥る。集中力に欠け、落ち着きがなくなる。そんな心当たりの方は依存症かもしれません。少しの待ち時間はもちろん、歩きながらスマートフォンを触るなど、インターネットにつながってる時間のほうが多くなり、対面のコミュニケーションを苦手とする人が増えている。仕事において重要なツールとなり、世界中と繋がる良い方法として、この世界に不可欠なものとなった。だからこそ、使う側の人間が日常的にうまく付き合う方法を見つけ、大きな今後の問題として取り組む必要がある。

↑PAGE TOP

© Copyright インターネットのイラスト勉強法. All rights reserved.